イギリスの国旗

イギリス(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)
グレートブリテン及び北アイルランド連合王国の国旗イギリスの場所
正式名称United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland
国旗縦横比1:2
現国旗制定年1801年1月1日
ヨーロッパ
首都ロンドン
公用語英語
流通通貨イギリスポンド
面積24.2万km2(日本の3分の2程度)
人口6700万人

イギリス国旗の意味

イギリス国旗に使われている赤や青、白といった色自体に意味はありません。

国を構成する『イングランド・スコットランド・北アイルランド』の国旗が組み合わさることで、イギリス国旗のデザインはできています。

イギリス国旗こと『ユニオンジャック』の成り立ち

複数の国旗が組み合わさることで出来たイギリス国旗はユニオンジャック、もしくはユニオンフラッグとも呼ばれます。

イギリス国旗の成り立ち図解イラスト

成り立ちをわかりやすく簡単に解説した画像が上記になります。

イングランド・スコットランド・アイルランドそれぞれの旗が合体することで、現在のイギリス国旗は成り立っています。

※現在イギリスを構成している国はアイルランドではなく北アイルランド。

イギリス国旗が左右対称ではなくずれてる理由

イギリスの国旗

よく見ると斜線がずれている

このように左右非対称のデザインにしたのは、スコットランドとアイルランドの扱いを平等にするためです。

スコットランドとアイルランドはともに斜め十字であったため、線をずらすことで平等性を作ったわけですね。

この斜線がずれていることをカウンターチェンジと呼びます。

イギリス国旗の由来・歴史

※画像をタップで大きくできます。

イングランド王国の国旗1277~1606現在のイギリスの前身とも言えるイングランド王国が国旗を制定。

イングランドの守護聖人である「聖ジョージ」の旗を採用しています。

イングランド・スコットランド同君連合の旗1606~16491603年にイングランドとスコットランドの同君連合が成立し、1606年に左記の旗を制定しました。

聖ジョージ旗とスコットランドの守護聖人である「聖アンドレ」の旗を組み合わせた初代ユニオンフラッグです。

イングランド共和国の国旗1649~16511659年、クロムウェルがアイルランドを攻め落とし「イングランド共和国」が成立します。(クロムウェルのアイルランド侵略)

※背景は様々あるが、イングランドのプロテスタント、アイルランドのカトリックで思想を異端と出来たことが理由の一つとして挙げられる

国旗には左側にイングランド旗、右側にアイルランド国旗に使われていたハープが描かれました。

 

イングランド共和国の国旗16511651~16531651年にイングランド共和国の国旗は変更されます。

左上と右下にイングランド旗、右上と左下にスコットランド旗が描かれました。

画像:Flag of The Commonwealth.svg – Wikipedia

イングランド共和国の国旗16531653~16581653年になるとイングランド共和国の国旗は再び変更されます。

左上と右下にイングランド旗、右上にスコットランド旗、左下にアイルランド旗が描かれ、中央にはクロムウェル家の紋章が配置されました。

画像:Standard of Oliver Cromwell (1653–1659).svg – Wikipedia

イングランド共和国の国旗16581658~16601660年に再び国旗が変更されます。

1606年に制定された初代ユニオンフラッグに、アイルランドを象徴するハープが中央に描かれたものです。

イギリスの国旗1801年1月1日【現在のイギリス国旗】

1801年にアイルランド王国と合併し「グレートブリテン及びアイルランド連合王国」となりました。

国旗は現在使われているものと同じユニオンフラッグです。

※1927年アイルランドの一部が独立したことを受けて「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」と名称を変更しました。

イギリスを構成するのは4つの国のはずなのに…?

  • イングランド王国の国旗イングランド
  • スコットランドの国旗スコットランド
  • アイルランドの国旗アイルランド
  • ウェールズの国旗ウェールズ

イギリスは上記4つの国が構成している地域です。

イギリス国旗の成り立ち図解イラスト

しかし改めて現在のイギリス国旗(ユニオンフラッグ)の成り立ちを見てみると、ウェールズが含まれていないことがわかります。

なぜイギリスを構成する一つのはずなのに、ウェールズの旗は含まれなかったのでしょうか?

なぜユニオンフラッグにウェールズの国旗が含まれないのか

ウェールズの国旗(域旗)

赤い竜はウェールズの象徴

国旗の組み合わさるタイミングはイングランドがスコットランドとの連合国家になったときや、アイルランドを併合した時でした。

上記のタイミングが17世紀以後だったのに対してウェールズの併合は13世紀とかなり早いタイミングであったため、デザインを取り入れてもらえなかったと言われています。

他にも国旗デザインが単純な図形ではなかったため、取り入れることが難しかったのではという説も存在します。

豆知識:デイリー・テレグラフで募集されたイギリス国旗

『デイリー・テレグラフ』と呼ばれるイギリスの新聞が「もしもウェールズの国旗がユニオンジャックに取り入れられたとしたら?」という題材で募集をかけ、投票による順位付けを行いました。

その結果1位・2位ともに日本のアニメーション作品を題材としたものがランクインし一時話題となったことがあります。

※画像をタップで大きく出来ます。

  • ウェールズデザインを取り込んだと主張するグレンラガン元ネタ国旗投票1位の旗
  • ウェールズの上にルイズ投票2位の旗

引用:デイリー・テレグラフの記事より

見る人が見ればわかりますが、

  • 投票一位:天元突破グレンラガンに登場するグレン団モチーフ
  • 投票二位:ゼロの使い魔のルイズを元ネタとしたデザイン

と、それぞれアニメーション作品が基になっています。

また投票2位の作品は匿名掲示板2chに投稿されたものでもあったため、日本国内で話題となったわけです。

2007年頃の話です。

イギリス国旗に似てる旗

イギリスの国旗に特別似ている旗はありません。

ただし国旗内にイギリスの国旗が含まれているものは多く存在します。

左上(カントン部分)にイギリス国旗が入っている国

イギリスの国旗

イギリス

オセアニアはイギリスの旧植民地であった国が多く、その影響で左上にイギリス国旗が描かれています。

アメリカ国旗とイギリス国旗の意外な共通点

アメリカの国旗

アメリカの国旗、星条旗とも呼ばれる

一般的にアメリカの国旗に使われる白色は真実を表すとされています。

しかし初代大統領ワシントンは「星は天を、赤は母国なるイギリスを、白状は母国イギリスからの独立を表す」と述べております。

つまりアメリカ国旗に描かれた白い線は、イギリス国旗の白い斜線を意識したものと考えて良いため、意外な共通点が存在したわけです。

イギリス国旗フォトギャラリー

  • イングランド王国の国旗
  • スコットランドの国旗
  • アイルランドの国旗
  • ウェールズの国旗
  • イングランド共和国の国旗1651
  • イングランド共和国の国旗
  • イングランド共和国の国旗1653
  • イングランド共和国の国旗1658
  • イングランド・スコットランド同君連合の旗
  • イギリスの国旗
  • イギリス国旗と似てる旗一覧

ヨーロッパの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました