イングランド王国の国旗

イングランド王国の国旗

イングランド王国の国旗は中央に大きく赤十字を配したものです。

こうした白地に赤い十字は聖ゲオルギウス十字と呼ばれるもので、聖ゲオルギウス伝説に由来しています。つまり、カトリックに由来のもあるものです。

なお聖ゲオルギウス十字以外にセント・ジョージズ・クロス(Saint George’s Cross)とも呼ばれます。

イングランド国旗の基本データ

国旗縦横比3:5
使用年1277~1606

イングランド国旗の意味

十字
聖ゲオルギウス十字、セントジョージズクロスとも。
聖ゲオルギウス伝説に関係しており、つまりカトリックに由来のあるシンボル

イングランド国旗の余談

イングランド王国は後に

  • 1284年:ウェールズを併合
  • 1603年:スコットランドと同君連合を形成
  • 1801年:アイルランドを併合

という経緯のもと、現在の『グレートブリテン及びアイルランド連合王国』となります。つまりイギリスとなりました。

イングランド国旗はイギリス国旗の一部として残り、またスコットランド・アイルランドも一部となっています。ウェールズのみ国旗のデザインに採用されていません。

イングランド国旗の関連リンク

イギリス国旗の解説へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました