ニュージーランドの国旗

ニュージーランド
ニュージーランドの国旗ニュージーランドの場所
正式名称New Zealand
国旗縦横比1:2
現国旗制定年1902年3月24日
オセアニア
首都ウェリントン
公用語マオリ語・英語
流通通貨ニュージーランド・ドル
面積26.8万km2(日本の70%)
人口471万人

ニュージーランド国旗の意味

  • 赤い4つの星:南十字星を表す
  • 南十字星:ニュージーランドが南太平洋に位置していることを示す
  • 赤色:先住民のマオリ人の神聖な色

英国政府旗「ブルー・エンサイン」を基にした旗です。

ニュージーランド国旗の由来・歴史

1769年にイギリス人クックが探検し地理を明らかにすると、捕鯨船や交易商人などが来訪した地域。

1840年にイギリスはマオリの首長たちとワイタンギ条約を結び、直轄の植民としました。

1860年代になると南島で金鉱石が発見され、大量の労働者が流入。1907年にイギリス連邦内の自治領となります。

ニュージーランドの国旗

1902~現在

ニュージーランドで現在使われている国旗はイギリス領時代であった、1902年に制定されたものです。

そのため1947年に完全独立を果たした後も、イギリスを彷彿とさせるユニオンジャックが描かれています。

ニュージーランド国旗に似てる旗

  • オーストラリア連邦の国旗オーストラリア
  • クック諸島の国旗クック諸島

上記2つの国旗はどちらも英国政府旗「ブルー・エンサイン」を基にしています。

色合いも似ており、違いは星の配置程度しかありません。

オセアニアの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました