オーストラリア連邦の国旗

オーストラリア連邦
オーストラリアの国旗オーストラリアの場所
正式名称Commonwealth of Australia
国旗縦横比1:2
現国旗制定年1954年4月14日
オセアニア
首都キャンベラ
公用語英語
流通通貨オーストラリア・ドル
面積769.2万km2(日本の20倍)
人口2445万人

オーストラリア国旗の意味

  • 国旗右側:国土が南半球にあることを示す南十字星
  • 左下の星:連邦星と呼ばれるオーストラリアを構成した6箇所の植民地とパプア並びに将来加わるだろう地域を示している。

英国政府旗「ブルー・エンサイン」を基に作られた旗で、左上(カントン部分)にはイギリス国旗のユニオンジャックが描かれている。

オーストラリア国旗の由来・歴史

1770年にイギリス人クックが上陸し、イギリス領を宣言。

1788年に囚人を含む最初の移民団が到着し、19世紀になると自由移民も受け入れ、1828年に大陸全土が植民地となりました。

1851年に金鉱が発見されてゴールド・ラッシュがおきるが、その結果欧米以外の移民が急増し、白人が優れていると主張する白豪主義が強まっていきます。

オーストラリアの国旗

1908~現在

1901年に6州による連邦政府が樹立し、1908年に上記国旗が制定され現在に至るまで使われています。

オーストラリア国旗に似てる旗

  • クック諸島の国旗クック諸島
  • ニュージーランドの国旗ニュージーランド

オーストラリア国旗と同じく、英国政府旗「ブルー・エンサイン」を基にした国旗です。

イギリス国旗の影響を受けている理由は、過去イギリス領であったことが要因であります。

オセアニアの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました