ハンガリーの国旗

ハンガリー
ハンガリーの国旗ハンガリーの場所
正式名称Hungary
国旗縦横比1:2
現国旗制定年1957年10月12日
ヨーロッパ
首都ブダペスト
公用語ハンガリー語
流通通貨フォリント
面積9.3万km2(日本の4分の1程度)
人口972万人

ハンガリー国旗の意味

  • 赤:過去の戦いで流された尊い血・強さ
  • 白:ハンガリーの川の清潔さ・忠誠心
  • 緑:国土・希望

赤白緑の3色は『ハンガリーの古い紋章である緑の3つの丘の上に白い複十字を描いた赤い盾』に由来しているとされています。

ハンガリー国旗の由来・歴史

1000年にイシュトバーン1世のもと、ハンガリー王国が成立しました。

ハンガリー王国の国旗

1541~1804

1541年にハンガリー中央部をオスマン帝国が支配下に。

上記はその当時使われていた国旗で、国名は『ハンガリー王国』でありました。

ハンガリー民主共和国の国旗

1918~1919

1867年には『オーストリア=ハンガリー帝国』が成立しますが、第一次世界大戦に敗れるとオーストリア皇帝のハプスブルク家の権威が失墜。

ハンガリー革命によって『オーストリア=ハンガリー帝国』より『ハンガリー民主共和国』として独立しました。

上記国旗はハンガリー民主共和国が使用していたものです。

ハンガリーの国旗

1989~

第二次世界大戦によってソ連の支配下におかれたハンガリーでしたが、1989年に独立。

現在のハンガリー国旗が使われるようになりました。

なお2012年までは『ハンガリー共和国』という名前でしたが、変更され現在は『ハンガリー』となっています。

ハンガリー国旗に似てる旗

イタリア共和国の国旗

イタリア

イタリア国旗は縦と横で縞が違いますが、配色自体は同じとなっています。

ブルガリア共和国の国旗

ブルガリア

同じヨーロッパに位置するブルガリアも比較的似ている国旗です。

こちらはイタリアと違い横縞である点が同じですが、白緑赤と色の順番が違っています。

ヨーロッパの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました