エストニア共和国の国旗

エストニア共和国
エストニア共和国の国旗エストニアの場所
正式名称Republic of Estonia
国旗縦横比7:11
現国旗制定年1990年8月7日
ヨーロッパ
首都タリン
公用語エストニア語
流通通貨ユーロ
面積4.5万km2(九州地方ほど)
人口132万人

エストニア国旗の意味

  • 青色:空
  • 黒:国土
  • 白:自由への渇望

を意味しています。青黒白の配色がかっこいいと評判だったり。

エストニア国旗の由来・歴史

紀元前よりエストニア人が定住していた地域でしたが、13世紀にはデンマーク人が、14世紀にはドイツ騎士団が、17世紀にはスウェーデンが支配していました。

1721年に北方戦争によりスウェーデンがロシアに破れ、エストニアはロシア領となります。

その後1917年のロシア革命時に独立宣言が成され、1918年にエストニア共和国が成立。1918年当時使われていた国旗は現在のデザインと同じものです。

1940~エストニア・ソビエト社会主義共和国

1940~

一度はエストニア共和国として独立しましたが、1940年。第2次世界大戦時にロシアに占領され上記国旗を使うようになります。(エストニア・ソビエト社会主義共和国)

エストニア共和国の国旗

1990~

1990年より、1918年から1940年まで使われていたエストニア共和国の国旗が復活。1991年正式に独立国家となり、エストニア共和国が誕生します。

国民の約25%がロシア系住民のエストニア

過去、ロシアに長い間占領されていたため国民の4分の1がロシア系です。

エストニアの公用語はエストニア語であるため、若年層ではないロシア系住民とは言語の壁がありうまく融和が進んでいない現状がある様子。

年齢を重ねたロシア系住民は教育の関係上ロシア語しか話せないケースが多く、エストニア語や英語への対応が難しい。

エストニア国旗に似てる旗

ポピュラーな横三色国旗ですが近い配色の国旗はありません。

本当か気になる方は「世界の国旗一覧」を確認してみてるのが良いかもしれません。

ヨーロッパの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました