ニジェール共和国の国旗

ニジェール共和国
ニジェールの国旗ニジェールの場所
正式名称Republic of Niger
国旗縦横比6:7
現国旗制定年1959年11月23日
アフリカ
首都ニアメ
公用語フランス語
流通通貨CFAフラン
面積126.7万km2(日本の3.4倍)
人口2148万人

ニジェール国旗の意味

  • オレンジ色:北部のサハラ砂漠地方
  • 白:純粋さやニジェール川
  • 未路地:希望と肥沃な南部地方
  • オレンジの丸:太陽や独立

をそれぞれ表しています。

ニジェール国旗の由来・歴史

19世紀後半にフランスが進出し、1922年にフランス領西アフリカの一部となった地域。

第二次世界大戦後に独立運動の兆しが高まりを見せ、1960年に独立を果たしました。

ニジェールの国旗

1959~現在

独立前年の1959年に上記国旗は制定され、現在まで使われています。

ニジェール国旗に似てる旗

縞の方向こそ違いますが、コートジボワールの国旗に使われている色はニジェールと同じです。

インドの国旗は縞の方向も同じで、使われている色も共通しています。ただし中央に描かれているものが違います。

アフリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました