ルワンダ共和国の国旗

ルワンダ共和国
ルワンダの国旗ルワンダの場所
正式名称Republic of Rwanda
国旗縦横比2:3
現国旗制定年2001年10月25日
アフリカ
首都キガリ
公用語キニアルワンダ語、英語、フランス語
流通通貨ルワンダ・フラン
面積2.6万km2(長野県の約2倍)
人口1260万人

ルワンダ国旗の意味

  • 青:幸福と平和
  • 黄色:経済発展
  • 緑:繁栄への希望
  • 太陽:国民を導く希望の光

をそれぞれ意味しています。

また国旗全体で『国民統合、勤勉、勇敢さ』を表しています。

アフリカの国の多くが利用している赤を使っていないのは流血をイメージさせるため

ルワンダ国旗の由来・歴史

1889年にドイツの保護領となり、第一次世界大戦後の1924年にベルギーの委任統治領となりました。

第二次世界大戦後の1961年に総選挙が行われ、翌年王政が廃止されてルワンダ共和国として独立を果たします。

ルワンダの国旗

2001~現在

上記国旗は2001年に制定されました。

ルワンダ国旗に似てる旗

ルワンダ国旗と似てる旗は特にありません。

気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみてください。

アフリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました