南アフリカ共和国の国旗

南アフリカ共和国
南アフリカの国旗南アフリカの場所
正式名称Republic of South Africa
国旗縦横比2:3
現国旗制定年1994年4月27日
アフリカ
首都プレトリア
公用語英語、ズールー語など
流通通貨ランド
面積122.1万km2(日本の約3.2倍)
人口5672万人

南アフリカ国旗の意味

  • 赤:過去の対立の中で流された血
  • 青:空と海
  • 緑:農業と自然
  • 黄色:天然資源
  • 黒:南アフリカの黒人の国民と他のアフリカ諸国とのつながり
  • 白:南アフリカの白人の国民と平和
  • 白と青:古い南アフリカの国旗に使われていたカラー
  • 赤白青:旧宗主国のオランダとイギリスの国旗カラー

それぞれ上記のような意味があります。

レインボーフラッグとも呼ばれている、赤青緑黄黒白で6色なため虹色を7色で認識する日本人からすると違和感がありそう。

南アフリカ国旗の由来・歴史

1488年にポルトガルの航海者バルトロメオ・ディオスが希望峰に到達。

17世紀なかばにオランダ人がケープ植民地をこの地域に開きます。

1814年、イギリスがケープ植民地を入手するとブール人は北に逃れ、1852年にトランスバール共和国を、1854年にオレンジ自由国を建てました。

ダイヤモンドや金がみつかったため、イギリスは南アフリカ戦争をおこしこの地域を支配。

1910年、イギリス連邦内の自治領南アフリカ連邦が結成されました。

南アフリカの国旗

1994~現在

1994年の選挙で黒人のマンデラが大統領に選ばれ、同年上記国旗が制定されています。

南アフリカ国旗に似てる旗

南アフリカ国旗と似てる旗は特にありません。

気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみてください。

アフリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました