インドの国旗

インド
インド共和国の国旗インドの場所
正式名称India
国旗縦横比2:3
現国旗制定年1947年7月22日
アジア
首都デリー
公用語ヒンディー語
流通通貨インド・ルピー
面積328.7万km2(日本の約9倍)
人口13億3918万人

インド国旗の意味

  • 黄色(サフラン色):勇気と犠牲
  • 白:平和と真理
  • 緑:中世と礼節
  • 青(チャクラの色):空と海

をそれぞれ表しています。中央に描かれているのはチャクラ(法輪)と呼ばれるもので、アショカ王が立てた柱の頭が由来となっているものです。

インド国旗の由来・歴史

19世紀頃進出してきたイギリスに植民地化されるも、第一次世界大戦後の1947年にイギリスの自治領として独立。

その後1950年にインド共和国としてイギリス連邦から離れました。

インド共和国の国旗

1947~現在

現在使われている国旗は1947年に独立した際制定されたものであります。

インド国旗に似てる旗

アイルランドの国旗

アイルランド

ヨーロッパに位置するアイルランドの国旗はインドと使っている色が同じです。

コートジボワール共和国の国旗

コートジボワール

コートジボワールもインドと配色が同じ国旗です。

(というかインドの国旗以上にアイルランドと似てる国旗ですね)

ニジェール共和国の国旗

ニジェール

最後に紹介するのはニジェールの国旗。

基本配色が同じで横縞なのも一致しています。

アジアの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました