マリ共和国の国旗

マリ共和国
マリの国旗マリの場所
正式名称Republic of Mali
国旗縦横比2:3
現国旗制定年1961年3月1日
アフリカ
首都バマコ
公用語フランス語
流通通貨CFAフラン
面積124万km2(日本の3.3倍)
人口1854万人

マリ国旗の意味

  • 緑:肥沃な黒土
  • 黄色:純粋さと鉱物資源
  • 赤:独立闘争で流された血

をそれぞれ意味しています。

マリ国旗の由来・歴史

16世紀末から19世紀にかけてモロッコが支配していた地域。

19世紀後半フランスが進出し1892年にフランスの植民地となります。

第二次世界大戦後の1959年にセネガルとともにマリ連邦を結成し独立しますが、翌年分離しマリ共和国となりました。

マリの国旗

1960~現在

1960年に現在のマリ国旗は制定され、現在まで使われています。

マリ国旗に似てる旗

ギニアの国旗は使われている色と縦3縞の国旗である点が共通しています。ただし色の配置は赤と緑が逆です。

アフリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました