レソト王国の国旗

レソト王国
レソトの国旗レソトの場所
正式名称Kingdom of Lesotho
国旗縦横比2:3
現国旗制定年2006年10月4日
アフリカ
首都マセル
公用語英語、ソト語
流通通貨ロチ
面積3.0万km2(岩手県の約2倍)
人口212万人

レソト国旗の意味

  • 青:空と雨
  • 白:平和
  • 緑:豊かな国土と繁栄
  • 黒:アフリカ大陸

をそれぞれ表しています。

中央に描かれているのはソト族の伝統的な帽子であるバソトハット

レソト国旗の由来・歴史

サン人が住んでいたこの地域に16世紀頃ソト人が移住。19世紀前半に王国を作りました。

オランダ系入植者のブール人が進出してきたため国王はイギリスに保護を求め、1868年にイギリス領バストランドとなります。

第二次世界大戦後の1950年末から独立運動が高まり1966年にイギリス連邦内のレソト王国として独立。

レソトの国旗

2006~現在

上記国旗は2006年に制定され現在まで使われています。

レソト国旗に似てる旗

レソト国旗と似てる旗は特にありません。

気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみてください。

アフリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました