ガーナ共和国の国旗

ガーナ共和国
ガーナの国旗ガーナの場所
正式名称Republic of Ghana
国旗縦横比2:3
現国旗制定年1966年3月1日
アフリカ
首都アクラ
公用語英語
流通通貨セディ
面積23.9万km2(日本の約63%)
人口3040万人

ガーナ国旗の意味

  • 赤:独立闘争で流された血
  • 黄色:鉱物資源の恵み
  • 緑:森林や自然の恵み
  • 黒い星:「アフリカの自由の道標となる」

それぞれこのような意味があります。

ちなみにガーナの国旗に使われている緑黄赤の3色は汎アフリカ色と呼ばれるものです。

ガーナ国旗の由来・歴史

1481年にポルトガル人が来航し、金が取れたことから「ゴールドコースト(黄金海岸)」と名付けました。

ポルトガルはこの地に城塞を築き、金や奴隷の貿易拠点とします。

17世紀になるとアシャンティ王国が成立し、オランダやイギリスと交易を開始しました。

しかし19世紀になるとイギリスがアシャンティ王国を攻撃し、1902年に全域を植民地にします。

第二次世界大戦後の1957年に、民族運動が盛んになった結果イギリス連邦内の自治領として独立。

1960年に共和国となりました。

ガーナの国旗

1966~現在

ガーナ共和国となってから6年後の1966年に現在使われている国旗が制定されました。

ガーナ国旗に似てる旗

南アメリカ大陸に位置するボリビアの国旗は、ガーナの国旗と同じく赤黄緑の順で配置された横三色国旗です。

中央に描かれているものがボリビアは国章で、ガーナは黒い星という違いがあります。

アフリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました