中央アフリカ共和国の国旗

中央アフリカ共和国
中央アフリカの国旗中央アフリカの場所
正式名称Central African Republic
国旗縦横比2:3
現国旗制定年1958年12月1日
アフリカ
首都バンギ
公用語サンゴ語・フランス語
流通通貨CFAフラン
面積62.3万km2(日本の1.7倍)
人口466万人

中央アフリカ国旗の意味

  • 赤:独立のために流された血
  • 青:空と自由
  • 白:平和と威厳
  • 緑:希望と信仰
  • 黄色:忍耐

をそれぞれ意味しています。

中央アフリカの国旗は「フランスとアフリカはともに歩むべきだ」と信じたウバンギ・シャリ初代首相のバルテルミー・ボガンダがデザインした。

中央アフリカ国旗の由来・歴史

19世紀後半にフランスが進出し、1894年に植民地とした地域。

第二次世界大戦後の1960年に独立を果たし、中央アフリカ共和国となりました。

中央アフリカの国旗

1958~現在

中央アフリカの国旗は独立前の1958年に制定され、現在まで使われてきました。

中央アフリカ国旗に似てる旗

似ている国旗は特にありません。

気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみてください。

アフリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました