エリトリア国の国旗

エリトリア国
エリトリアの国旗エリトリアの場所
正式名称State of Eritrea
国旗縦横比1:2
現国旗制定年1995年12月5日
アフリカ
首都アスマラ
公用語ティグリニャ語・アラビア語
流通通貨ナクファ
面積11.8万km2(日本の約30%)
人口507万人

エリトリア国旗の意味

  • 緑:肥沃な黒土や農業
  • 赤:自由への闘争で流された血
  • 青:紅海

をそれぞれ意味しています。

左側に書かれているオリーブのリースは、「独立闘争の勝利と明るい未来への希望」の象徴です。

国旗の基本レイアウトはエリトリア人民解放戦線の旗からとられた。

エリトリア国旗の由来・歴史

1890年にイタリアの植民地となった地域。

第2次世界大戦中の1941年にイギリスの保護領となり、1952年にエチオピアと連邦を結成しますが、1962年にエチオピアに一方的に併合されてしまいます。

これに対し、エリトリア解放戦線は独立闘争をおこし、1993年に独立を達成。

エリトリアの国旗

1995~現在

1995年に上記国旗が制定され、現在まで使われています。

エリトリア国旗に似てる旗

エリトリアの国旗に似てる旗は特にありません。

気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみてください。

アフリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました