セーシェル共和国の国旗

セーシェル共和国
セーシェルの国旗セーシェルの場所
正式名称Republic of Seychelles
国旗縦横比1:2
現国旗制定年1996年6月18日
アフリカ
首都ビクトリア
公用語クレオール語・英語。フランス語
流通通貨セーシェル・ルピー
面積457km2(種子島よりやや広い)
人口10万人

セーシェル国旗の意味

  • 青:セーシェルの空と海
  • 黄色:生命の源の太陽
  • 赤:国民の勤勉性と愛
  • 白:社会正義と調和
  • 緑:国土と自然環境

上記5色が放射線状に描かれているのは『未来へ向かう新しい国の力強さ』を表しています。

セーシェル国旗の由来・歴史

1742年にフランスから探検隊が派遣され、フランスの財務長官の名にちなんでセーシェルと名付けられた地域。

1756年にフランスが領有を宣言しましたが、1794年にイギリス海軍が占領し1814年からイギリスの植民地となりました。

第二次世界大戦後の1976年に新憲法が定められイギリス連邦内の一国として独立します。

セーシェルの国旗

1996~現在

独立から20年が経過した1996年に現在の国旗が制定されました。

セーシェル国旗に似てる旗

セーシェルの国旗と似てる旗は特にありません。

本当か気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみてください。

アフリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました