カメルーン共和国の国旗

カメルーン共和国
カメルーンの国旗カメルーンの場所
正式名称Republic of Cameroon
国旗縦横比2:3
現国旗制定年1975年5月20日
アフリカ
首都ヤウンデ
公用語フランス語・英語
流通通貨CFAフラン
面積47.6万km2(日本の1.3倍)
人口2405万人

カメルーン国旗の意味

  • 赤:国の統一
  • 黄色:太陽と北部のサバンナ
  • 緑:南部の森林

中央に描かれているのは「統一を象徴する星」であります。

カメルーン国旗の由来・歴史

15世紀末にポルトガル人が来航し、奴隷貿易を始めた地域。

その後ポルトガルに続き、オランダ、イギリスも奴隷貿易に参加します。

1884年にドイツが内陸部に進出し、諸部族の首長と保護条約を結びました。

第一次世界大戦後の1922年に東部がフランスの、西武がイギリスの委任統治領となります。

第二次世界大戦後の1960年に、フランス領の東カメルーンが独立し、翌年イギリス領の西カメルーンの南部と合体して連邦制に。

1972年に連邦制から単一のカメルーン連合共和国となりました。

カメルーンの国旗

1975~現在

1975年に現在カメルーンで使われている国旗は制定されました。

1984年にカメルーン連合共和国から、名前をカメルーン共和国に改めましたが、その後も上記国旗が使われ続けています。

カメルーン国旗に似てる旗

セネガルの国旗

セネガル

セネガルの国旗は色の配置こそ異なりますが、使われている色や基本的レイアウトは同じであるため、カメルーンの国旗と見間違いやすい旗となっています。

アフリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました