シリア・アラブ共和国

シリア・アラブ共和国
シリア・アラブ共和国の国旗シリアの場所
正式名称Syrian Arab Republic
国旗縦横比2:3
現国旗制定年1980年3月29日
アジア
首都ダマスカス
公用語アラビア語
流通通貨シリア・ポンド
面積18.5万km2(日本の半分)
人口1827万人

シリア国旗の意味

  • 赤:国を守る剣
  • 白:国民の善性
  • 黒:これまでの戦い

中央に書かれた2つの緑星は「美しい大地とアラブの統一」の意味が込められています。

国旗に使われている赤白黒緑の4色は汎アラブ色と呼ばれるもの。

シリア国旗の由来・歴史

1517年にオスマン帝国支配下となった地域です。

それから1918年に第一次世界大戦でオスマン帝国が敗れたことか『シリア王国』として独立します。

しかし完全な独立は果たせず、1920年から1946年にかけて、フランスの委任統治領となりました。

1958年にエジプトと力を合わせ『アラブ連合共和国』を成立させますが、1961年にシリアは離脱し『シリア・アラブ共和国』となります。

その後再び1972年になると今度は『アラブ共和国連邦』をエジプト・リビア・シリアの3カ国によって結成されますが、1980年に解消されました。

シリア・アラブ共和国の国旗

1980~現在

1980年にアラブ共和国連邦が解消された後、現在の国旗が『シリア・アラブ共和国』の旗として制定されました。

1958年に成立したのは『アラブ連合共和国』で1972年に結成したのは『アラブ共和国連邦』、めちゃくちゃ間違いやすそうだよね。

シリア国旗に似てる旗

汎アラブ色が使われたシリアの国旗と似ている旗は様々あります。

  • イエメン共和国の国旗イエメン
  • イラク共和国の国旗イラク
  • エジプト・アラブ共和国の国旗エジプト
  • スーダン共和国の国旗スーダン

特に似ていると感じるのが上記の旗たち、どれもアラブと関わりの深い国です。

アジアの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました