日本国の国旗

日本国
日本国の国旗日本の場所
正式名称Japan
国旗縦横比2:3
現国旗制定年1999年8月13日
アジア
首都東京
公用語日本語
流通通貨
面積37.8万km2
人口1億2558万人


日本国旗の色の意味

情熱・忠誠心
白色
純粋さ・正直さ
赤丸
太陽

紅白は日本において祝い事の際に伝統的に用いられる色で、そのルーツは源平合戦(1180~1185)において、源氏が白旗を掲げ平氏が紅旗を掲げて戦ったことからだと言われています。

また赤丸で太陽を表す理由は、日本神話に登場する天照大神の存在など、太陽信仰の歴史があるからと言われます。

日本国旗の別名

一般的には『日の丸』と呼ばれるケースが多いです。

ただし、法律で定められている呼び名は『日章旗』なため、正確な呼び名はこちらとなります。

日本国旗の由来・歴史

日本の商船旗18701870~1870年に明治政府によって日の丸が法制化され、縦横比率7:10のものが商船旗として定められました。

現在の日の丸とは違い、旗竿側に1/100赤丸がズレているという特徴があります。(このズレは掲揚した際の見栄えの良さを意識したというのが通説です)

指定はあくまで商船旗としてのため、この時点では法的には国旗ではありませんでした。

日本の国旗1999~現在【現在の日本国旗】

1999年になると通称『国旗・国歌法』と呼ばれるものが制定され、法的に日の丸が国旗となります。

この際、1/100のズレはなくなり、中央に赤丸が描かれるようになりました。

日の丸は1870年以前より存在はしていたと言われており、一節によれば日本の元寇の侵略の時(1274年)に、太陽の描かれた旗を用いたという記述が残っています。

また法的には国旗でなかった1870~1999の期間において、慣習的には日の丸が国旗として扱われてはいました。

日本国旗に似てる旗

日本の国旗

日本

パラオ国旗、バングラデシュ国旗ともに丸の位置が左によっていますが、これは掲揚した旗がなびいたときに見栄えが良くなるように意識したデザインとなっています。

またバングラデシュは日本と同じく太陽モチーフですが、パラオは満月をイメージしたものです。

日本国旗の関連動画

\無料の動画が50本以上/

国旗解説チャンネルはこちら

日本国旗の関連リンク

アジアの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました