日本国の国旗

日本国
日本国の国旗日本の場所
正式名称Japan
国旗縦横比2:3
現国旗制定年1999年8月13日
アジア
首都東京
公用語日本語
流通通貨
面積37.8万km2
人口1億2558万人

日本国旗の意味

  • 赤:情熱・忠誠心
  • 白:純粋さ・正直さ

中央に描かれた赤丸は太陽を表しており、国旗に使われている赤と白は日本伝統色で「おめでたい」ときに使われる、いわゆる紅白色。

日本国旗は「日章旗」「日の丸」とも呼ばれる。

日本国旗の由来・歴史

1868年前後の明治維新を経て急激な西洋化・近代化が進み、1870年に現在使われている日の丸国旗と同じものが制定されました。

その後朝鮮半島の植民地化など拡張政策をおこなっていき、日中戦争や太平洋戦争などに繋がっていきますが、1945年第二次世界大戦での敗戦から方針が変化していきます。

敗戦後はアメリカの占領統治家に入りますが、1951年に独立状態を回復。

1960年代の高度経済成長期を経て、世界でもまれに見る経済発展を遂げ、経済大国としての地位を確立します。

日本国の国旗

1990~現在

1999年になると、日の丸が正式な国旗として制定されました。

経済大国としての地位を確立した日本だったが、1990年代のバブル崩壊後は経済不安が続いている。

日本国旗に似てる旗

バングラデシュ人民共和国の国旗

バングラデシュ

バングラデシュ国旗は背景色が白ではありませんが、レイアウト・デザインともにそっくりと言える旗です。

ただし中央に描かれた赤丸の位置が若干左にずれていたり、大きさが異なるなどよく見ると違いもあります。

パラオ共和国の国旗

パラオ

パラオ共和国の国旗はバングラデシュ国旗の色が反転したようなデザインです。

こちらは配色がまるっきり日本国旗とは違いますが、基本的なレイアウトやデザインはバングラデシュ国旗と同じく似ています。

アジアの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました