スーダン共和国の国旗

スーダン共和国
スーダンの国旗スーダンの場所
正式名称The Republic of the Sudan
国旗縦横比1:2
現国旗制定年1970年5月20日
アフリカ
首都ハルツーム
公用語アラビア語・英語
流通通貨スーダン・ポンド
面積184.7万km2(日本の5倍弱)
人口4053万人

スーダン国旗の意味

  • 赤:独立戦争や様々な戦いで犠牲になった人々
  • 白:平和、光明、希望
  • 黒:アラビア語の「黒い人」と愛国心
  • 緑:イスラム教、農業と資源

赤白黒緑の4色は半アラビア色と呼ばれ、アラブ民族とイスラム教を象徴する伝統色です。またアラブ民族の団結と独立を表します。

スーダン国旗の由来・歴史

14世紀初めにエジプトのマムルーク朝に征服され、イスラムの影響を受けた地域。

1881年にムハンマド・アフマドがマフディーの乱を起こしますが、1898年にイギリスエジプト連合軍に敗れ、イギリスとエジプトの共同統治下に入りました。

第二次世界大戦後の1956年に独立を果たします。

スーダンの国旗

1970~現在

独立後の1970年に現在使われている国旗は制定されました。

スーダン国旗に似てる旗

ヨルダンの国旗は配色パターンが異なりますが、使われている色自体は同じです。

またレイアウトも一部を除き、基本的には似ている国旗であります。

アフリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました