ブルンジ共和国の国旗

ブルンジ共和国
ブルンジの国旗ブルンジの場所
正式名称Republic of Burundi
国旗縦横比3:5
現国旗制定年1967年3月28日
アフリカ
首都ブジュンブラ
公用語キルンジ語・フランス語
流通通貨ブルンジ・フラン
面積2.8万km2(福島県の2倍)
人口1086万人

ブルンジ国旗の意味

  • 緑:希望
  • 白:平和
  • 赤:独立闘争で戦った人々の血
  • 3つの星:ブルンジを構成する主な民族『フツ族・トゥワ族・ツチ族』と、国のモットーである「統一・労働・進歩」

をそれぞれ意味しています。

ブルンジ国旗の由来・歴史

15~16世紀に牧畜民のツチ人が侵入し、農耕民のフツ人を支配しブルンジ王国を建てた地域。

1890年にドイツの保護領に、1922年にベルギーの委任統治領となりました。

第二次世界大戦後の1962年にブルンジ王国として独立し、1966年に共和制国家に。

1972年に少数派のツチ人の支配に対して、多数派のフツ人が反乱を起こし、約1万人のツチ人が殺さました。またその仕返しとして約10万人のフツ人が殺されています。

ブルンジ共和国の国旗

1982~現在

その後1982年に現在の国旗が制定され、現在まで使われています。

ブルンジ国旗に似てる旗

ブルンジの国旗に似てる旗は特にありません。

気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみてください。

アフリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました