ソロモン諸島の国旗

ソロモン諸島
ソロモン諸島の国旗ソロモン諸島の場所
正式名称Solomon Islands
国旗縦横比1:2
現国旗制定年1977年11月18日
オセアニア
首都ホニアラ
公用語英語
流通通貨ソロモン諸島ドル
面積2.9万km2(岩手県の2倍弱)
人口61万人

ソロモン諸島の国旗の意味

  • 青:太平洋
  • 白:陸地
  • 黄色:太陽

左上(カントン部分)にある5つの星は5つの主要な島、

  • ガダルカナル島
  • サンクリストバル島
  • マレータ島
  • サンタイサベル島
  • チョイスル島

と、南十字星を表しています。

ソロモン諸島の国旗の由来・歴史

1884年に諸島北部がドイツ領、1893年に諸島南部・中部・東部がイギリス領となった地域。

1899年にサモアと引き換えに、ソロモン諸島北部もイギリス領となり「イギリス保護領ソロモン諸島」が成立しました。

1942年に日本が占領したが、激戦の末アメリカ占領下に。戦後はふたたびイギリス領となります。

1975年に自治政府が成立し、1978年に立憲君主国として独立しました。

ソロモン諸島の国旗

1977~現在

立憲君主国として独立する前年、上記国旗が制定され現在に至るまで使われています。

ソロモン諸島の国旗に似てる旗

ソロモン諸島と似てる国旗は特にありません。

自分で確かめたい方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみてください。

オセアニアの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました