ミクロネシア連邦の国旗

ミクロネシア連邦
ミクロネシアの国旗ミクロネシアの場所
正式名称Federated States of Micronesia
国旗縦横比10:19
現国旗制定年1979年11月10日
オセアニア
首都パリキール
公用語英語
流通通貨USドル
面積702km2(奄美大島ほど)
人口11万人

ミクロネシア国旗の意味

  • 青:太平洋と自由
  • 白:平和
  • 4つの星:ミクロネシア連邦の主要な州(チューク、ヤップ、ポンペイ、コスラエ)

また青と白の配色は国際連合との関係を示しています。

国際連合の旗

国際連合の旗の配色が青と白なため

ミクロネシア国旗の由来・歴史

1529年にスペイン人が来航した地域で、スペイン領であることを同時に宣言しました。

1899年にスペインはドイツに売り払いましたが、第一次世界大戦後の1920年に日本の国際連盟委任統治領に。

日本人も多く住むようになりましたが、第二次世界大戦後はアメリカの信託統治領に。

1979年にマリアナ諸島、パラオ、マーシャル諸島をのぞく4州(チューク、ヤップ、ポンペイ、コスラエ)で連邦を構成するミクロネシア憲法草案が認められ、自治政府が発足しました。

1982年にアメリカと自由連合盟約を結び、1986年に独立を果たします。

ミクロネシアの国旗

1986~現在

現在使われている国旗は独立同年に制定されたものですが、基本的なデザインは自治政府が発足した1979年に作られたものとあまり変わりません。

独立を果たしましたが、国防や安全保障の権限などはアメリカのもとにある。

ミクロネシア国旗に似てる旗

ミクロネシアの国旗に似てる旗は特にありません。

本当か気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみてください。

オセアニアの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました