パプアニューギニア独立国の国旗

パプアニューギニア独立国
パプアニューギニアの国旗パプアニューギニアの場所
正式名称Independent State of Papua New Guinea
国旗縦横比3:4
現国旗制定年1971年7月1日
オセアニア
首都ポートモレスビー
公用語トクピシン語・英語
流通通貨キナ
面積46.3万km2(日本の1.2倍)
人口825万人

パプアニューギニア国旗の意味

  • 赤と黒:パプアニューギニアの多くの種族の伝統色
  • 黒白赤:パプアニューギニアを植民にとしていたドイツ帝国国旗の影響により使われる
  • 黄色い鳥;国鳥のアカカザリフウチョウで、自由・統合・飛躍を表す
  • 南十字星:パプアニューギニアが南半球にあること、オーストラリアと関係があることを表す

アカカザリフウチョウは極楽鳥(ゴクラクチョウ)とも呼ばれます。

パプアニューギニア国旗の由来・歴史

1884年にドイツが島の東部北岸地域とビスマルク諸島を、イギリスが島の東部南岸地域と周辺地域を保護領に。

1906年にイギリス領はオーストラリア領に移り、パプアと改名。

第一次世界大戦後の1920年にドイツ領はオーストラリアの国際連盟委任統治領となり、第2次世界大戦後の1946年には国連信託統治領となります。

委任統治は国際連盟からの特定の地域の統治を任せられること。第二次世界大戦後に廃止され、ほぼ同じ内容で信託統治という制度が生まれた。(厳密には委任統治を発展させ、信託統治という制度が作られた)

パプアとニューギニアは1949年に一体化し、1973年に内政自治権を得て、1975年に独立しました。

パプアニューギニアの国旗

1971~現在

現在パプアニューギニアで使われている国旗は1971年に制定されたもので、1975年に独立を果たした後も使われ続けています。

パプアニューギニア国旗に似てる旗

パプアニューギニアの国旗と似てる旗は特にありません。

本当か気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみてください。

オセアニアの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました