コンゴ民主共和国の国旗

コンゴ民主共和国の国旗
コンゴ民主共和国の国旗コンゴ民主共和国の場所
正式名称Democratic Republic of the Congo
国旗縦横比3:4
現国旗制定年2006年2月20日
アフリカ
首都キンシャサ
公用語フランス語
流通通貨コンゴ・フラン
面積234.5万km2(日本の約6倍)
人口8134万人

コンゴ民主共和国の国旗の意味

  • 水色:平和
  • 赤:国家のために準じた者の血
  • 黄色:国の富
  • 星:国家の輝かしい未来

をそれぞれ意味しています。

コンゴ民主共和国の国旗の由来・歴史

14世紀頃コンゴ王国が成立し、15世紀末にポルトガル人が来航した地域。(その後奴隷貿易を行った)

19世紀後半にイギリスの探検家スタンリーが、ベルギー国王レオポルド2世の命を受けて探検し、1885年にベルギー国王の私有地としてコンゴ自由国が成立しました。

1908年になるとベルギー領コンゴとなります。

第二次世界大戦後の1960年に独立しますが、南部のカタンガ州の分離独立を巡ったコンゴ動乱で混乱状態に。

1971年になると国名をザイール共和国に改め、1997年には武装勢力が首都を制圧。1998年に内戦へと突入し2002年に和平が成立しました。

コンゴ民主共和国の国旗

2006~現在

2006年に現在使われている国旗が制定され、現在まで使われています。

コンゴ民主共和国の国旗に似てる旗

コンゴ民主共和国と似てる旗は特にありません。

気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみてください。

アフリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました