ボツワナ共和国の国旗

ボツワナ共和国
ボツワナの国旗ボツワナの場所
正式名称Republic of Botswana
国旗縦横比2:3
現国旗制定年1966年9月30日
アフリカ
首都ハボローネ
公用語英語
流通通貨プラ
面積58.2万km2(日本の1.5倍)
人口229万人

ボツワナ国旗の意味

  • 水色:水と、国のモットー「雨よ降れ(Pula)」
  • 黒と白の横縞:アフリカ系黒人と少数派の白人の融和と協調、国章にも描かれているシマウマ

をそれぞれ表しています。

ボツワナ国旗の由来・歴史

17世紀にツワナ人が住み着き、18世紀にツワナ首長国を建てた地域。

1835年に南からオランダ系移民のブール人が侵入してくると、ツワナ王はイギリスに保護を求め、その結果1885年にイギリスの保護領ベチュアナランドとなります。

第二次世界大戦後の1962年にカーマ3世の孫のセレツェ・カーマがベチュアナランド民主党(のちのボツワナ民主党)を結成し、1966年にイギリス連邦内のボツワナ共和国として独立しました。

ボツワナの国旗

1966~現在

上記国旗は1966年に制定され、現在まで使われています。

ボツワナ国旗に似てる旗

ボツワナ国旗と似てる旗は特にありません。

気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみてください。

アフリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました