モザンビーク共和国の国旗

モザンビーク共和国
モザンビークの国旗モザンビークの場所
正式名称Republic of Mozambique
国旗縦横比2:3
国旗年齢1983年5月1日
アフリカ
首都マプト
公用語ポルトガル語
流通通貨メティカル
面積79.9万km2(日本の2.1倍)
人口2967万人

モザンビーク国旗の意味

  • 緑:肥沃な国土
  • 白:平和
  • 黒:アフリカ大陸
  • 黄色:鉱物資源
  • 赤:独立闘争
  • ライフル銃:防御や警戒
  • 書籍:教育の重要性
  • 鍬:農業
  • 星:マルクス主義と社会主義インターナショナル

をそれぞれ表しています。

モザンビーク国旗の由来・歴史

1498年にポルトガルの航海者バスコ・ダ・ガマが来航した地域。

のちにポルトガルが進出し、1629年に支配権を得て奴隷貿易が行われるようになります。

第二次世界大戦後の1952年に独立を求めるモザンビーク解放戦線が結成し、1975年にモザンビーク人民共和国として独立を果たしました。

モザンビークの国旗

1983~現在

上記国旗は独立後の1983年に制定されました。

モザンビーク国旗に似てる旗

モザンビーク国旗と似てる旗は特にありません。

気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみてください。

アフリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました