ナウル共和国の国旗

ナウル共和国
ナウルの国旗ナウルの場所
正式名称Republic of Nauru
国旗縦横比1:2
現国旗制定年1968年1月31日
オセアニア
首都ヤレン
公用語ナウル語
流通通貨オーストラリア・ドル
面積21km2(東京都多摩市程度)
人口1万人

ナウル国旗の意味

  • 青:太平洋
  • 黄色:赤道
  • 白い星:ナウル、12の光線は12の先住民族

をそれぞれ意味しています。

赤道を表す黄色い線の下に、ナウルを表す白い星が描かれているのは「ナウルが赤道から少し南にあること」を意味しています。

ナウル国旗の由来・歴史

1888年にドイツの保護領となった地域。

1898年にリン鉱石が発見されると、1900年にイギリスがドイツから権利を得て、1906年より採掘を始めました。

1920年にはオーストラリア・ニュージーランド・イギリスの3国による国際連盟委任統治を始めます。

ナウルの国旗

1968~現在

1968年にイギリス連邦内で独立し、同年上記国旗が制定され現在まで使われています。

ナウル国旗に似てる旗

ナウルの国旗に似てる旗は特にありません。

自分で確かめたい方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみてください。

オセアニアの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました