オマーン国の国旗

オマーン国
オマーン国の国旗オマーン国の場所
正式名称Sultanate of Oman
国旗縦横比1:2
現国旗制定年1995年4月25日
アジア
首都マスカット
公用語アラビア語
流通通貨オマーン・リアル
面積31.0万km2(日本の8割)
人口464万人

余談:オマーンの首都マスカットより240km、太陽の山とも呼ばれるシャムス山(ジャバル・シャムス)はオマーン最高峰であり観光名所として有名。

オマーン国旗の意味

  • 赤:外部からの侵略者との戦い
  • 白:平和
  • 緑:豊かな農作物による繁栄

左上に書かれた紋章は「カンジャル」と呼ばれる短剣と太刀を組み合わせたもので、スルタンの権威を示しています。

オマーン国旗の由来・歴史

マスカット・オマーンの国旗

1650~1868

1509年に沿岸部をポルトガルに占領されるも、1650年にポルトガル勢力を追い出し『マスカット・オマーン』を成立させます。

上記は当時使われていた赤一色の国旗です。

1868~1871年の間、マスカット・オマーンの国旗は白一色に変更されるよ!

その後スエズ運河が完成したことにより交易の優位性を失い、1891年イギリス保護領となりました。

オマーン国の国旗

1995~現在

1970年にマスカット・オマーンから『オマーン国』に国名を改め独立。

1995年に上記国旗が制定され、現在に至るまで使われています。

オマーン国旗に似てる旗

ハンガリーの国旗

ハンガリー

ハンガリーの国旗は使っている色がオマーン国と同じであります。

ブルガリア共和国の国旗

ブルガリア

ハンガリーと同じヨーロッパに位置するブルガリアも基本配色は同じ。

ただしどちらもオマーン国のように横T字旗ではないため、見間違える要素は少ないでしょう。

アジアの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました