マーシャル諸島共和国の国旗

マーシャル諸島共和国
マーシャル諸島の国旗マーシャル諸島の場所
正式名称Republic of the Marshall Islands
国旗縦横比10:19
現国旗制定年1979年5月1日
オセアニア
首都マジュロ
公用語マーシャル語:英語
流通通貨USドル
面積181km2(利尻島ほど)
人口5万人

マーシャル諸島の国旗の意味

  • 青:太平洋
  • 白:平和
  • オレンジ色:勇気

をそれぞれ意味しています。

また斜め上に伸びる帯は赤道を表しており、白で書かれた太陽は『マーシャル諸島が北半球にあること』を示しています。

マーシャル諸島の国旗の由来・歴史

1529年にスペイン人が来航した地域。

マーシャル諸島という名前は1788年に来航したイギリス人マーシャルに由来しています。

1885年にドイツ保護領となり、1914年に日本の占領下に。

第二次世界大戦後は、ミクロネシア連邦の一部となりますが、1978年の住民投票により連邦を離れ、1979年に自治政府を成立させます。

マーシャル諸島の国旗

1979~現在

自治政府成立同年に上記国旗が制定され、独立を果たした1986年以降も使われ続けています。

アメリカが1946~1958年で計67回の核実験を付近で行った地域でもある

マーシャル諸島の国旗に似てる旗

マーシャル諸島の国旗と似てる旗は特にありません。

本当か気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみてください。

オセアニアの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました