メキシコ合衆国の国旗

メキシコ合衆国
メキシコの国旗メキシコの場所
正式名称United Mexican States
国旗縦横比4:7
現国旗制定年1968年9月16日
北アメリカ
首都メキシコシティ
公用語スペイン語
流通通貨メキシコペソ
面積196.4万km2(日本の5.2倍)
人口1億2916万人

メキシコ国旗の意味

  • 緑:独立
  • 白:カトリックと宗教的純粋
  • 赤:統一

中央に書かれているのはメキシコの国章で、1325年のアステカ帝国の首都テノチティトラン(現在のメキシコシティ)の創設を示しています。

国章に描かれた鷲は、アステカ伝説の「湖に突き出た岩に生えるサボテンに止まって蛇をくわえる鷲」に由来する。

メキシコ国旗の由来・歴史

14世紀に現在のメキシコシティを中心にアステカ文明が築かれましたが、1519年にコルテスが率いるスペイン勢力が攻め入り、1521年にアステカ王国は滅亡しました。

その後1821年にスペインから独立。

しかし1846~1848年に領土問題でアメリカと戦い敗北。テキサスからカリフォルニアに至る国土の約半分を失いました。

メキシコの国旗

1968~現在

20世紀前半から農地改革や石油産業の固有化を実現したメキシコ合衆国は、1968年に国旗を現在のものに変更しました。

メキシコ国旗に似てる旗

イタリアの国旗

イタリア

緑白赤の配色の国旗といえばやはりイタリアでしょう。

メキシコはこのカラーリングに、国章を配したものでかなり似た国旗と言えます。

北アメリカ・中央アメリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました