グレナダの国旗

グレナダ
グレナダの国旗グレナダの国旗
正式名称Grenada
国旗縦横比3:5
現国旗制定年1974年2月7日
中央アメリカ
首都セントジョーンズ
公用語英語
流通通貨東カリブドル
面積345km2(日本の3分の2程度)
人口11万人

グレナダ国旗の意味

  • 上下6つの星:グレナダの6つの教区
  • 中央の星:首都のセントジョージズ
  • ナツメグの葉:国の主要産物でスパイスの島と呼ばれていたことを示す
  • 赤:勇気と活力
  • 黄色:知恵と温情
  • 緑:植物と農業

グレナダ国旗には上記のような意味が込められています。

グレナダ国旗の由来・歴史

1650年にフランス人が入植し植民地とした地ですが、アメリカ独立戦争後のパリ条約によって1783年にイギリス領となりました。

1974年になるとグレナダはイギリス連邦の一員として独立します。

グレナダの国旗

1974~現在

現在グレナダで使われている国旗は、1974年の独立時に制定されたものです。

グレナダ国旗に似てる旗

グレナダ国旗は特徴的デザインであるため、特に似ている国旗はありません。

自分の目で確かめたい人は「世界の国旗一覧」をチェックしてみると良いかもです。

北アメリカ・中央アメリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました