アンティグア・バーブーダの国旗

アンティグア・バーブーダ
アンティグア・バーブーダの国旗アンティグア・バーブーダの場所
正式名称Antigua and Barbuda
国旗縦横比2:3
現国旗制定年1967年2月27日
中央アメリカ
首都セントジョンズ
公用語英語
流通通貨東カリブ・ドル
面積442km2(種子島程度)
人口10万人

アンティグア・バーブーダ国旗の意味

  • 黒:アフリカ系子孫の人々
  • 青:希望・カリブ海
  • 赤:国民の活力

中央上に書かれているのは昇る太陽、新時代の幕開けを表しています。

また黄色・青・白の組み合わせは太陽・海・砂を表し、V字のデザインには勝利の意味が込められています。

1966年に国旗デザインは公募され、高校の美術教師だったレジナルド・サムエルズの作品が採用され、1967年に制定された。

アンティグア・バーブーダ国旗の由来・歴史

1493年にコロンブスがアンティグア島に到達し、スペインやフランスの植民地に。

その後1667年にイギリス領となりました。

アンティグア・バーブーダもう一つの島である、バーブーダ島は元はイギリス貴族の私有地でしたが、1666年にイギリスの植民地となっています。

1860年に2つの島は統合され、1958年に『イギリス領西インド諸島連邦』に加盟することに

アンティグア・バーブーダの国旗

1967~現在

1967年に内政自治権を得て、1981年に立憲君主国「アンティグア・バーブーダ」として独立しました。

国旗は1967年に制定されたもので、現在まで使われています。

アンティグア・バーブーダ国旗に似てる旗

アンティグア・バーブーダの国旗は特徴的デザインであるため、特に似ている国旗はありません。

本当か気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみると良いかもです。

北アメリカ・中央アメリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました