アフガニスタン・イスラム共和国の国旗

アフガニスタン・イスラム共和国
アフガニスタン・イスラム共和国の国旗アフガニスタンの場所
正式名称Islamic Republic of Afghanistan
国旗縦横比2:3
現国旗制定年2013年8月19日
アジア
首都カブール
公用語ダリ語(ペルシャ語)・パシュトゥー語
流通通貨アフガニ
面積65.3万km2(日本の1.7倍)
人口3553万人

アフガニスタン国旗の意味

  • 黒:侵略と抑制された暗黒時代
  • 赤:イギリスとの戦いでの流血時代
  • 緑:勝利を収めて達成した『独立・平和』と、イスラムを表す

中央に大きく描かれているのはアフガニスタンの国章。『アッラーフのほかに神はなし。ムハンマドは神の預言者である』というシャハーダ(信仰告白)とモスク(中央の礼拝堂)などが描かれています。

モスクの下には『太陽暦1219年(西暦1919年、改革者アマヌッラー王が現代の方を交付した年)』と書いてあります。

アフガニスタン国旗の由来・歴史

イギリス保護領アフガニスタン域旗

1880~1901

アフガニスタンは1747年ドゥラーニー朝として独立した地域で、3度のアフガン戦争中にイギリス保護領となりました。

上記黒の画像は表示バグなどではなく、アフガニスタンがイギリス保護領時代に掲げていた国旗です。

黒一色の国旗は世界で唯一これだけ。
アフガニスタン首長国の国旗

1919~1921

1919年になるとアフガニスタンはイギリスから独立を達成し、『アフガニスタン首長国』として上記国旗を掲げるようになりました。

なお中央にはモスクや説教壇などが描かれています。

アフガニスタン共和国の国旗

1974~1978

その後1926年になると『アフガニスタン王国』と改め、1973年になると王政が倒され1974年共和制国家となります。

上記国旗が『アフガニスタン共和国』として使用していた国旗です。

アフガニスタン民主共和国の国旗

1978~1980

1978年になると軍事クーデターによってアフガニスタン共和国が倒され、『アフガニスタン民主共和国』が誕生しました。

当時使われていた国旗は赤旗の左上に黄一色で表現した国章を配置したものとなっています。

その後1987年に『アフガニスタン共和国』とあらため、1992年には『アフガニスタン・イスラム国』と国名を改めました。
アフガニスタン・イスラム首長国の国旗

1997~2002

1994年から『タリバン』と呼ばれる勢力が力を伸ばしており、1996年にはそのタリバンが首都カブールを抑えて国名を『アフガニスタン・イスラム首長国』と改めました。

上記国旗は1997年より使われ始めたもので、中央にかかれているものはシャハーダ(信仰告白)です。

2001年に勃発したアメリカ同時多発テロをきっかけとしてアメリカ軍による空爆が行われた結果、タリバン政権は消滅することとなります。

アフガニスタン・イスラム共和国の国旗

2004~現在

タリバン政権が消滅した後、カルザイ暫定政権のもと2004年より国旗が変更され『アフガニスタン・イスラム共和国』という現在の姿となりました。

ちなみにアフガニスタン・イスラム共和国では2014年に初めて民主的な政権交代が実現したよ!

アフガニスタン国旗に似てる旗

アフガニスタンと似てる国旗は特にありません。

本当か気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみると良いかもしれません。

中央に大きく描かれた国章が特徴的であるため見間違えにくい国旗ですが、配色が汎アラブ色(赤・黒・緑・白の4色)に近いため、色でいうと近いものはいくつかあります。

アジアの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました