トルクメニスタンの国旗

トルクメニスタン
トルクメニスタントルクメニスタンの場所
正式名称Turkmenistan
国旗縦横比2:3
現国旗制定年2001年1月24日
アジア
首都アシガバット
公用語トルクメン語
流通通貨トルクメニスタン・マナト
面積48.8万km2(日本の1.3倍)
人口576万人

トルクメニスタン国旗の意味

左側の絨毯模様はトルクメン人の5つの代表的部族を。

三日月と星はイスラム教を。

5つの星はトルクメニスタンの5つの州を、それぞれ表しています。

また絨毯模様の下部に書かれているオリーブは永世中立国であることを表現しています。

トルクメニスタン国旗は絨毯模様によって世界で最も複雑な国旗であるとされている。

トルクメニスタン国旗の由来・歴史

1885年までロシア帝国に併合されていた地域で、1918年に「トルキスタン自治ソビエト社会主義共和国」となりました。

その後1924年に「トルクメン・ソビエト社会主義共和国」となりますが、1991年のソ連崩壊に伴い独立。「トルクメニスタン」に。

トルクメニスタンの国旗

2001~現在

現在トルクメニスタンで使われている国旗は2001年に制定されたものですが、トルクメニスタンとして独立したのは1991年です。

1992年よりトルクメニスタンで使われていた国旗は、現在使われている国旗とほとんどデザインが変わらないものでありました。

トルクメニスタン国旗に似てる旗

イスラム教の象徴である三日月と星が描かれた国旗は多く存在しますが、トルクメニスタンとよく似ている国旗というのは特にありません。

やはり左側に描かれた絨毯模様が特徴的であるため、トルクメニスタン国旗はかなり特徴的な部類に入ります。

自分の目で確かめてみたいという方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみると良いかも知れません。

アジアの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました