コンゴ共和国の国旗

コンゴ共和国
コンゴ共和国の国旗コンゴ共和国の場所
正式名称Republic of Congo
国旗縦横比2:3
現国旗制定年1991年6月10日
アフリカ
首都ブラザビル
公用語フランス語
流通通貨CFAフラン
面積34.2万km2(日本の9割程度)
人口526万人

コンゴ共和国の国旗の意味

  • 緑:希望と豊かな森林資源
  • 黄色:誠実・寛大・誇り
  • 赤:青年の熱意

をそれぞれ意味しています。

国旗に使われている緑黄赤の3色は汎アフリカ色です。

コンゴ共和国の国旗の由来・歴史

15世紀末からポルトガルが進出し、今後川河口を拠点に貿易を行っていた地域。

17世紀になるとフランスも進出し、1882年にフランス領となりました。

第二次世界大戦後の1958年にフランス共同体内の自治共和国となり、1960年コンゴ共和国として独立を達成。

1969年に国名をコンゴ人民共和国に改めます。

1991年になると複数政党制を取り入れ、国名をコンゴ共和国としました。

コンゴ共和国の国旗

1991~現在

上記国旗は1991年に制定され、現在まで使われています。

コンゴ共和国の国旗に似てる旗

コンゴ共和国の国旗と似てる旗は特にありません。

気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみてください。

アフリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました