コロンビア共和国の国旗

コロンビア共和国
コロンビアの国旗コロンビアの場所
正式名称Republic of Colombia
国旗縦横比2:3
現国旗制定年1861年11月26日
南アメリカ
首都ボゴタ
公用語スペイン語
流通通貨コロンビア・ペソ
面積114.2万km2(日本の3倍)
人口4907万人

コロンビア国旗の意味

  • 黄色:国土にある全ての金、豊かな国土、主権、調和、正義、農業、太陽
  • 青:カリブ海と太平洋、国土を流れる河川、空
  • 赤:独立で流された血、国民の忍耐や努力

黄色に込められた意味の多さに比例するかのように、黄色の割合が多くなっている三色国旗です。

コロンビア国旗の由来・歴史

1499年にスペイン人が到来した地域。

1810年に独立を宣言し、1819年にベネズエラとともに大コロンビア共和国を形成します。

1830年になるとベネズエラとエクアドルが分離します。

コロンビアの国旗

1886~現在

1863年にコロンビア合衆国と名前を改め、1886年に上記国旗を制定。現在に至るまで使われています。

コロンビア国旗に似てる旗

エクアドルの国旗

エクアドル

大コロンビア共和国を形成していた国家の一つであるエクアドルは、その影響もありコロンビアの国旗と似ています。

ベネズエラの国旗

ベネズエラ

同じくベネズエラもエクアドルと同じ理由で、コロンビアの国旗と似た配色のものが採用されました。

南アメリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました