ブラジル連邦共和国の国旗

ブラジル連邦共和国
ブラジルの国旗ブラジルの場所
正式名称Federative Republic of Brazil
国旗縦横比7:10
現国旗制定年1992年5月11日
南アメリカ
首都ブラジリア
公用語ポルトガル語
流通通貨レアル
面積851.6万km2(日本の23倍)
人口2億929万人

ブラジル国旗の意味

  • 緑:森林
  • 黄色:金と鉱物資源
  • 中央の縁:共和制が樹立された日の空
  • 円の中の星:27個あり、ブラジル連邦を構成する26州と連邦直轄区を表す
  • 帯に書かれた文字:ORDEM E PROGRESSO(秩序と進歩)

をそれぞれ意味しています。

ブラジル国旗の由来・歴史

1500年にカブラルが到達し、ポルトガル領になった地域。

1808年にナポレオン軍の進行で本国から逃れてきた王家がリオデジャネイロを首都としました。

1821年に国王が帰国すると、翌年に皇太子が皇帝につき独立宣言。『ブラジル帝国』となります。

1889年の革命によって共和制国家『ブラジル合衆国』となりました。

一時独裁体制が続きますが、1970年代より民主化が進められ、1985年に民政に復帰します。

ブラジルの国旗

1992~現在

現在ブラジルで使われている国旗は1992年に制定されたもので、州が増えるたびに国旗が変更されてきました。

ブラジル国旗に似てる旗

ブラジル国旗と似てる旗は特にありません。

自分で調べてみたい方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみてください。

南アメリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました