ブルキナファソの国旗

ブルキナファソ
ブルキナファソの国旗ブルキナファソの場所
正式名称Burkina Faso
国旗縦横比2:3
現国旗制定年1984年8月4日
アフリカ
首都ワガドゥグー
公用語フランス語
流通通貨CFAフラン
面積27.3万km2(日本の7割)
人口1919万人

ブルキナファソ国旗の意味

  • 赤:革命闘争
  • 緑:農業と天然資源
  • 黄色:希望と鉱物資源
  • 黄色い星:革命の原理と指導力

をそれぞれ意味しています。

ブルキナファソ国旗の由来・歴史

19世紀末にモシ人の王国がフランスの保護領となり、1904年にフランス領西アフリカの一部となりました。

第二次世界大戦後に独立運動が進めあれ、1960年にオートボルタ共和国として独立。

1966年以降たびたびクーデターが起こり、1983年に左派の民族革命評議会のサンカラが政権を握り、翌年国名がブルキナファソ(高潔な人々の国の意味がある)となりました。

ブルキナファソの国旗

1984~現在

1984年にブルキナファソとなった同年に上記国旗が制定され、現在まで使われています。

ブルキナファソ国旗に似てる旗

ブルキナファソの国旗と似てる旗は特にありません。

気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみてください。

アフリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました