カナダの国旗

カナダ
カナダの国旗カナダの場所
正式名称Canada
国旗縦横比1:2
現国旗制定年1965年2月15日
北アメリカ
首都オタワ
公用語英語・フランス語
流通通貨カナダドル
面積998.5万km2(日本の26倍)
人口3662万人

カナダ国旗の意味

  • 右側の赤:大西洋
  • 左側の赤:太平洋
  • 白色:雪の降る様子

をそれぞれ表しています。

中央に描かれているのはサトウカエデ(メイプルリーフ)、これには「カナダの厳しい自然の中でも暮らし」の意味があります。

カナダ国旗は「メイプルリーフ旗」「一葉旗」とも呼ばれる。

カナダ国旗の葉は大麻?

カナダでは大麻が2018年10月17日より合法となっています。

参考:カナダにおける大麻(マリファナ)の合法化について

それに伴って、インターネット上ではカナダの中央に描かれたメイプルリーフを大麻にしたコラージュ画像が出回っているため、「カナダ国旗の葉は大麻?」という勘違いが発生しているようです。

注意:現在の日本の法律は国外犯も対象としているため、日本人がカナダで大麻を使用したとしても取り締まることは可能です。ただし「みだりに」という言葉が使われていたりと、解釈は様々にわかれます、大麻にまつわる情報は慎重にご判断ください。

カナダ国旗の由来・歴史

1583年にイギリスが初の海外植民地を現在のカナダ地域に建設しました。

その後イギリスとフランスが植民地争いを行い、1786年イギリスが勝利。支配下に収めます。

1867年になるとイギリスに支配されていたカナダが自治権を獲得し、1931年に「カナダ」として完全な独立を果たしました。

カナダの国旗

1965~現在

1965年に現在使われている国旗が制定され、今に至るまで使われています。

カナダ国旗に似てる旗

カナダ国旗は割と単純なデザインながら、意外と似てる国旗はありません。

本当か気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみると良いかもです。

北アメリカ・中央アメリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました