アルジェリア民主人民共和国の国旗

アルジェリア民主人民共和国
アルジェリアの国旗アルジェリアの場所
正式名称People’s Democratic Republic of Algeria
国旗縦横比2:3
現国旗制定年1962年7月3日
アフリカ
首都アルジェ
公用語アラビア語
流通通貨アルジェリア・ディナール
面積238.2万km2(日本の6.3倍)
人口4132万人

アルジェリア国旗の意味

  • 白:平和
  • 緑:自然の美しさ
  • 赤:アルジェリア独立戦争の際に流された血
  • 白と三日月:イスラム教

をそれぞれ意味しています。

アルジェリア国旗の由来・歴史

16世紀にオスマン帝国の支配下となった地域。

1830年にフランスの植民地となり、キリスト教が布教されました。

1954年に民族解放戦線が結成されて独立戦争が始まり、1962年に独立を達成。

アルジェリアの国旗

1962~現在

独立達成同年に上記国旗が制定され現在まで使われています。

植民地時代にキリスト教を布教されましたが、8世紀にアラブ人から伝わったイスラム教の影響が大きく、国旗にはイスラム教のシンボルである三日月と星が描かれました。

アルジェリア国旗に似てる旗

アルジェリア国旗と似た旗は特にありません。

気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみてください。

アフリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました