ポルトガル共和国の国旗

ポルトガル共和国
ポルトガル共和国の国旗ポルトガルの場所
正式名称Portuguese Republic
国旗縦横比2:3
現国旗制定年1911年6月30日
ヨーロッパ
首都リスボン
公用語ポルトガル語
流通通貨ユーロ
面積9.2万km2(日本の4分の1程度)
人口1033万人

ポルトガル国旗の意味

  • 緑:希望・誠実さ・勇敢なるアヴィシュ騎士団のシンボルカラー
  • 赤:大海原に乗り出した勇気あるポルトガルの英雄の血

中央付近に描かれているのはポルトガルの国章、金色の球体部分。大航海時代の天測儀を表しています。

ポルトガル国旗の由来・歴史

1095~頃のポルトガル王国国旗

1095~1143

1095年。イスラム勢力に対抗してフランスから助けに来た「ポルトゥカレ伯」がイベリア半島の北西部に領地を得て上記国旗を制定しました。

当時の国名は『ポルトガル王国』であります。

その後15世紀末にバスコ・ダ・ガマがインド航路を発見し、アジアやアフリカ・南アフリカなど各地を植民地化していきました。

1580年にスペインと同君連合を結び、支配下に入ります。

ポルトガル共和国の国旗

1911~現在

1910年に王制から共和制へと変わり、1911年に上記国旗が制定されました。

国名は『ポルトガル共和国』であります。

ブラジルは1500年にポルトガルの植民地となりましたが、1822年ブラジルが独立したことによりポルトガルは最大の植民地を失うこととなりました。それまで多大な富をもたらしてくれていたものであるため、この喪失は多大な影響があったとされています。

ポルトガル国旗に似てる旗

特に似ている国旗はありません。

本当か気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみると良いかもしれません。

ヨーロッパの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました