モンテネグロの国旗

モンテネグロ
モンテネグロの国旗モンテネグロの場所
正式名称Montenegro
国旗縦横比1:2
現国旗制定年2004年7月13日
ヨーロッパ
首都ポドゴリツァ
公用語モンテネグロ語
流通通貨ユーロ
面積1.4万km2(福島県ほど)
人口63万人

モンテネグロ国旗の意味

19世紀、オスマン帝国との闘いで用いられた縁取りのある赤い軍機がモデルとなっています。

中央に描かれているのはモンテネグロの国章で、モンテネグロ王ニコラ1世の紋章からキリル文字の頭文字”HI”を除いたものです。

モンテネグロ国旗の由来・歴史

1878年にモンテネグロ公国は誕生します。

セルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国時代の国旗

1918~1941

1918年、セルビアに編入され『セルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国』の一部となります。

上記国旗はその当時使われていたもので、1929年にユーゴスラビア王国となった後も使われていました。

モンテネグロ人民共和国の国旗

1945~1992

1945年になるとユーゴスラビア連邦人民共和国の構成国として『モンテネグロ人民共和国』が世釣りしました。

上記はその当時使われていたもので、1963年に社会主義共和国となった後も使われています。

モンテネグロの国旗

2004~現在

1992年になるとセルビアとユーゴスラビア連邦共和国結成しますが、2006年に完全独立。国名をモンテネグロとし現在に至ります。

独立自体は2006年ですが、2004年の時点で現在使われている国旗が制定されていました。

モンテネグロ国旗に似てる旗

モンテネグロの国旗と似ている旗は特にありません。

本当か気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみると良いかもしれません。

ヨーロッパの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました