ルクセンブルク大公国の国旗

ルクセンブルク大公国
ルクセンブルク大公国の国旗ルクセンブルクの場所
正式名称Grand Duchy of Luxembourg
国旗縦横比3:5
現国旗制定年1972年6月23日
ヨーロッパ
首都ルクセンブルク
公用語ルクセンブルク語・フランス語・ドイツ語
流通通貨ユーロ
面積2586km2(佐賀県程度)
人口58万人

ルクセンブルク国旗の意味

白・水色・赤の3色は『白と水色を背景に赤いライオンを描いたルクセンブルク大公国の国章』に基づいた配色となっています。

ルクセンブルク国旗の由来・歴史

1830年のベルギー独立革命の時に初めて白・水色・赤の3色を用いた国旗が使われました。

また1845年には横三色旗としてのデザインも定着します。

ただし法律上現在のルクセンブルク国旗が制定されたのは1945年よりです。

10世紀頃から支配者は変わっても首都及び領土が変わっていない珍しい国

ルクセンブルク国旗に似てる旗

ルクセンブルクは1815年、オランダ国王を大公とするルクセンブルク大公国となりました。

その背景もあってかオランダの国旗とルクセンブルクの国旗は似ています。

オランダ王国の国旗

オランダ

ルクセンブルクの国旗と比べてみると水色と青の違いがありますね。

また縦横比率も異なっており、一応見分けるポイントはいくつかあります。

(ルクセンブルク3:5・オランダ2:3)

フランス共和国の国旗

フランス

他にもフランス国旗は比較的似ている方です。

縦横の違いがあるためオランダよりは見分けやすいでしょう。

ロシア連邦の国旗

ロシア

ロシアもニアピン国旗の一つで、使っている色がオランダと同じなため混同されやすいです。

ルクセンブルク国旗は水色であるため比較的見分けやすいですが、この3国の国旗と混ぜってしまう可能性は否めないかと。

ヨーロッパの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました