ポーランド共和国の国旗

ポーランド共和国
ポーランド共和国の国旗ポーランドの場所
正式名称Republic of Poland
国旗縦横比5:8
現国旗制定年1990年2月9日
ヨーロッパ
首都ワルシャワ
公用語ポーランド語
流通通貨ズウォティ
面積31.3万km2(日本の約80%)
人口3817万人

ポーランド国旗の意味

  • 白:喜びと共和国の尊厳
  • 赤:自由と独立のために流した血

国旗に使われている赤白の2色は、伝説的建国の英雄レヒが「赤い夕日を背景に飛ぶ白鷲……吉兆なり!」と思い赤地に王冠付きの白鷲を紋章にしたという言い伝えに由来しています。

吉兆:よいことが起こる前触れ

ポーランド国旗の由来・歴史

9世紀後半、『ピアスト朝ポーランド王国』が成立します。

1386年には『ヤギェウォ朝ポーランド王国』に、1569年には『ポーランド・リトアニア連合国』となりました。

しかし18世紀末。ロシアとプロイセン、オーストリアの3国によって国土を分割され王国は滅んでしまいます。

ポーランド共和国の国旗

1945~現在

その後1918年、第一次世界大戦末期に『ポーランド共和国』として独立することに。

そして1945年には上記国旗が制定され、現在に至るまで使われることとなります。

ポーランド国旗に似てる旗

モナコ公国の国旗

モナコ

同じヨーロッパに位置するモナコの国旗は上下の色が反転した国旗となっています。

インドネシア共和国の国旗

インドネシア

こちらはインドネシアの国旗で、同じく上下赤白の位置が反転した国旗です。

ちなみにモナコとインドネシアは国旗の縦横比が違うため、そこで判別することが可能となっています。

ヨーロッパの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました