パナマ共和国の国旗

パナマ共和国
パナマの国旗パナマの場所
正式名称Republic of Panama
国旗縦横比2:3
現国旗制定年1925年11月24日
中央アメリカ
首都パナマシティ
公用語スペイン語
流通通貨バルボア
面積7.5万km2(北海道程度)
人口410万人

パナマ国旗の意味

  • 赤と青:独立当時の二大政党
  • 青:コロンビア保守党、純粋と誠実
  • 赤:コロンビア自由党、権威と法律
  • 白:平和

厳密には赤と青の色自体は政党を表し、星が色ごとに誠実や権威を表します。

パナマ国旗の由来・歴史

1501年にスペイン人のバスティーダが到達した地域。

1519年になると太平洋岸にパナマシティが建設され、貿易中継地として栄えました。

1821年にコロンビアの一州となり、1903年にはアメリカの援助を受けて分離独立します。

パナマの国旗

1903~現在

現在使われているパナマの国旗は1903年の独立時に制定されたものです。

1914年には観光名所としても有名なパナマ運河が完成した。

パナマ国旗に似てる旗

パナマの国旗と似ている旗は特にありません。

本当か気になる方は「世界の国旗一覧」をチェックしてみてください。

北アメリカ・中央アメリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました