ニカラグア共和国の国旗

ニカラグア共和国
ニカラグアの国旗ニカラグアの場所
正式名称Republic of Nicaragua
国旗縦横比3:5
現国旗制定年1971年8月27日
中央アメリカ
首都マナグア
公用語スペイン語
流通通貨コルドバ
面積13.0万km2(日本の約34%)
人口650万人

ニカラグア国旗の意味

  • 青:カリブ海と太平洋
  • 白:正義、2つの海に挟まれた国土

中央に描かれているのはニカラグアの国章で、

  • 自由を表す赤いフリギア帽
  • 平和を表す虹
  • 旧中央アメリカ連邦を構成する5カ国を示す、5つの山

が描かれえています。

旧中央アメリカ連邦を構成する5つの国は、『エルサルバドル・グアテマラ・ニカラグア・ホンジュラス・コスタリカ』です。

ニカラグア国旗の由来・歴史

1502年にコロンブスが第4回航海で到達した地域。

1573年になるとグアテマラ総督領に編入されました。

1821年にスペインからの独立を宣言しましたが、直後にメキシコに併合され、1823年に結成された中央アメリカ連邦に加入します。(しかし連邦は1838年に分離した)

その後1937~1979年はソモサ一族による独裁の中にありましたが、1979年に独裁政権を倒しました。

ニカラグアの国旗

1971~現在

現在使わている国旗は独裁政権のさなかに制定されたものです。

ニカラグア国旗に似てる旗

エルサルバドルの国旗

エルサルバドル

同じ中央アメリカに位置するエルサルバドルはニカラグアと同じく、太平洋とカリブ海を表す青を配した国旗です。

中央にも同じく国章を配置していたり、国章の中にフリギア帽が描かれている点が同じだったりとかなり共通点が多い国旗であります。

北アメリカ・中央アメリカの国旗一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました