ナバッサ島の旗(国旗)

ナバッサ島
ナバッサ島の旗(国旗)
正式名称Navassa Island
本国アメリカ合衆国
面積5.4km2
人口0人(無人島)

ナバッサ島の旗(国旗)の意味

  • 白:空
  • 濃紺:海

をそれぞれ意味しています

緑色で書かれているのはナバッサ島で、その上には薄い灰色で灯台が描かれています。

ナバッサ島のトリビア

ナバッサ島の領有問題

現在、ナバッサ等はアメリカ合衆国の実効支配下にありますが、ハイチも領有権を主張しています。

これに対してハイチは講義を行ったようですが、アメリカはそれを退けました。

それでもハイチ人の海賊が付近を漁場としてはいるようです

ナバッサ島の過去の役割

ナバッサ島は現在こそ無人島ですが、グアノと呼ばれる資源の採掘場所でした。

人力でのトロッコ輸送を行っていたため、労働環境は非常に過酷。

そのため1889年に暴動が起き、監督者が5名死亡する事態に。それに対してアメリカは事件に関与した18名を本国に連れ帰り殺人罪として起訴したとのこと。

18名のうち3名は死刑判決を受けましたが、黒人友愛団体などの力により、正当防衛を認められ他は無期懲役に減刑されたとのことです。

海外領土・自治領の旗(国旗)一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました