パルミラ環礁の国旗

パルミラ環礁
パルミラ環礁の旗
正式名称Palmyra Atoll
本国アメリカ合衆国
面積3.9km2
人口4人

パルミラ環礁国旗の意味

  • 赤:朝日に染まる空
  • 青:海
  • 黄色:砂浜

赤の中に描かれた黄色い円は海から昇る日の出の太陽を表現しています。

パルミラ環礁のトリビア

パルミラ環礁の役割と現在

グアノと呼ばれる資源採掘の場所となっていた島で、第2次世界大戦中はアメリカ海軍が太平洋横断のための輸送機用の滑走路や港を建設していました。

ジョンストン島と役割はかなり似ている)

実話小説「And the Sea Will Tell」の元ネタ

パルミラ環礁で1974年、アメリカ人夫婦の殺人事件が発生し、それを基にした実話小説が制作されました。

1992年になると「美しき容疑者(And the Sea Will Tell)」としてドラマ化までされています。

野生動物保護区になったパルミラ環礁

2000年にアメリカの自然保護団体によって、パルミラ環礁の所有権が3000万ドルで購入され、2001年に国立の野生生物保護区となりました。

その前はアメリカ政府が核貯蔵庫目的で購入を考えていた。交渉により自然保護団体のものに

海外領土・自治領の旗(国旗)一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました