南極の旗(国旗)

南極
南極の旗(国旗)南極の場所
正式名称Antarctic
現国旗制定年2002年から使用
首都なし(各国で管理)
面積1400万km2(日本の38倍)
人口0人(永住者がいないため)

南極旗(国旗)の意味

南極の管理は多数の国家が共同で行っていますので、国際連合旗と同じ青色を背景色としています

描かれた白い模様は何となく分かるかもしれませんが、南極大陸がそのまま描かれたものです。

ちなみに白色は雪や氷を表しているのではなく

  • 白色:南極が中立地域であることの象徴

というのが正しい意味となります。

南極旗(国旗)の由来・歴史

南極にはそもそも正式な旗はありません。

しかし2002年に南極条約機構やグラハム・バートラムがデザインした非公式なものがあり、このページで紹介している下記旗はその非公式のものであります。

南極の旗(国旗)

厳密には非公式な南極の旗(国旗)

南極にまつわる豆知識

南極の人口

冒頭のデータとして南極の人口は0人と掲載しましたが、各国の研究者が南極に建てられた各基地にて生活しているため

  • 冬頃:約1000人
  • 夏頃:約5000人

が、南極にて活動しています。

なお1年を通じて滞在する人々も多いです。

サウスポール(南極点)に建てられた国旗は?

南極点は地殻変動の影響によって1年あたり約10メートル移動してしまいます。

そこで毎年元旦に「ジオグラフィックポール」と呼ばれる標識を南極点に打ち込むのですが、そばにはアメリカ合衆国の星条旗と看板が添えられます。

ジオグラフィックポール

南極点に存在する旗(ウィキメディアより)

ということでサウスポール(南極点)に存在する国旗は、アメリカ合衆国の国旗です。

南極旗(国旗)に似てる旗

南極の青色は国際連合の旗と同じ色と紹介しましたが、デザイン自体も似ています。

国際連合の旗

国際連合

世界地図と平和の象徴であるオリーブの葉がこちらは描かれていますね。

海外領土・自治領の旗(国旗)一覧へ戻る

コメント一覧 コメントがあればここに表示されます

タイトルとURLをコピーしました